下山ワタル|ピーグラフ

怪物 ⎯ 名前のない感情

この物語の中で描かれる関係のひとつと似た感情が、かつて自分の身にも生じたことがあるかもしれないと、映画を観終えて思った。もちろんこれと全く同じシチュエーションというわけではないし、あったとしてもほんの僅かな時間だったかもしれない。それは誰にとっても起こり得る感情なのか、他人と共有可能なのかもわからない。そういう感情を体験した人も、しなかった人もいるだろう。ただ、ぼくはこの映画の一連の場面を見て、心の奥底から懐かしさが込み上げてくるのを感じた。その感情には名前がなく、名付けようもないが、記憶の中に確かに存在していた。

いま、とくに現代社会では、人それぞれの置かれた立場や傾向、性癖、行為に対して、特別な名前が付けられていることが多い。例えば、この作品の主要人物である、安藤サクラ扮する湊の母親・早織の「シングルマザー」。立場の強い者が弱い者に対して働く「パワハラ」、あとは「マイノリティ」なんかもそうかもしれない。対象となる人物の本質……本来はそれぞれが個人の目や心を通して判断すべき事柄が、そういった名前や名付けの中にあらかじめ負わされている気もする。それは時に、人と人の間に漂うゆるやかな理解への道すじを冷たく遮断してしまう。

この映画の中で脚本の坂元裕二は、そういった名付けが発生する前の、人々の実像を描こうとしているようにぼくには感じられた。それはおそらく、今回のようなやり方でしか描けなかっただろう。

主に既発の曲からなる坂本龍一の劇伴もとても良かった。物語への理解の流れを特定の方向に導かず、包み込むようにただ音楽としてそこにいてくれた。『12』を聴く時の、あの喜びにも悲しみにも支配されない感覚が、映画を観ている時間の中にも満ちていた。

⎯⎯ 映画『怪物』公式サイト

250 FONT harmonize K-POP Kiiiiiii Lamp Spotify THE BOOM Twitter あかね書房 あきやまただし いちよんご おんどく しなもん みんなともだちカロム カワダクニコ ケロポンズ ハッピーオウル社 ビートルズ リットーミュージック 三木鶏郎 上田三根子 下平晃道 世界文化社 中川ひろたか 中村一義 佐藤剛 保育社 北村範史 図鑑 坂本龍一 多田玲子 室井滋 小久保美由紀 小沢健二 志水則友 怪物 教育画劇 新しい地図 朝本浩文 林立夫 横尾忠則 生活クラブ 矢野顕子 秋永悠 筒美京平 美空ひばり 荒井良二 落語 藤井風 藤本ともひこ 谷川俊太郎 金の星社 鈴木出版 長谷川義史 黒沢健一