下山ワタル|ピーグラフ

“これから行く”展覧会[’23・8/9〜]


グラフィックデザイナーの目線で、主に東京近郊の気になる個展や企画展をピックアップします。今回は、2023年8〜9月開催の展示を中心にまとめています(前回までに紹介した展示もリマインドのため入れています)。最寄駅は、筆者の自宅からのアクセスのしやすさに基づいて選んでいます。
トップページには最新分とひとつ前の投稿のみを表示し、それ以前の投稿は記事下の「これから行く」カテゴリで遡ることができます。投稿は2か月に1回、翌月に追加更新を行います(次回は9月中旬更新)。



吉村弘 風景の音 音の風景
2023年4月29日(土・祝)―9月3日(日)
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

(神奈川・鎌倉)
『Music For Nine Post Cards』などで知られる環境音楽の先駆者。コンクリートポエトリー、楽譜、写真、映像作品、サウンドオブジェなどを展示。

谷内こうた展 風のゆくえ
2023年6月24日(土)―10月1日(日)
ちひろ美術館・東京
(東京・上井草)
そぎ落とされた絵と、詩のようなことば。佐内正史の写真集を思い起こさせるような、大好きな絵本画家の展示。

近藤聡乃展「ニューヨークで考え中」
2023年7月5日(水)―8月12日(土)

ミヅマアートギャラリー
(東京・市ヶ谷)
ニューヨークでの日々を綴ったコミックエッセイ『ニューヨークで考え中』4巻のマンガ原稿とドローイングを展示。コロナ禍、ウクライナ戦争、自宅での出来事、すべてを等価で。

ソール・ライターの原点 ニューヨークの色
2023年7月8日(土)―8月23日(水)
ヒカリエホール
(東京・渋谷)
忘れそうなので再掲載。Bunkamuraでの2回の展示以降、新たに発掘された写真や絵画、未発表のスナップ写真に加えて、アンディ・ウォーホルやジョン・ケージなど、当時交流のあったアーティストのポートレートを展示。

ブラチスラバ世界絵本原画展 アンニョン!絵本でひらくアジアの扉
2023年7月8日(土)―8月31日(木)
うらわ美術館

(埼玉・浦和)
BIB2021に参加した、日本と韓国の作家29人による原画展。日韓の絵本の文化や特色に迫る特集展示も。浦和は東京から思ったより近い。

テート美術館展 光 ─ ターナー、印象派から現代へ
2023年7月12日(水)―10月2日(月)
国立新美術館
(東京・乃木坂)
ターナー、リヒター、タレル、エリアソン、モネ、草間彌生など、さまざまな芸術家による「光」の絵画とインスタレーション。少し高めだが観る価値がありそう。

デイヴィッド・ホックニー展
2023年7月15日(土)―11月5日(日)
東京都現代美術館

(東京・清澄白河)
国内では27年ぶりとなる大規模個展。ロックダウン中にiPadで描いた大判作品など。総じてカラフル。

私と、私の100枚のゴフスタイン
2023年7月21日(金)―8月20日(日)
のこぎり
(東京・渋谷)
M.B.ゴフスタインの全作品を100枚の絵(ジークレープリント)で振り返る企画展。「ブルッキーと彼女の子羊」を立体化したフィギュアも初公開。

上田義彦 写真展 「いつでも夢を」
2023年7月26日(水)―8月13日(日)
代官山ヒルサイドテラス・ヒルサイドフォーラム

(東京・代官山)*入場料500円
「サントリーウーロン茶」の広告写真シリーズのロケの合間に35mmで撮影された、スナップ約200点を展示。

上田義彦 「いつでも夢を・永遠要憧憬」
2023年7月29日(土)―8月26日(土)
小山登美夫ギャラリー六本木
(東京・六本木)*8/13日〜21月休
1990年から2011年までの約20年間、中国各地で撮影された「サントリーウーロン茶」の広告写真シリーズからの展示。赤々舎から写真集も販売。

THE ENDING ’23
2023年8月1日(火)―9月2日(土)
クリエイションギャラリーG8

(東京・新橋)
クリエイションギャラリーG8の38年間を締めくくる最後の展示。これまでの歴代展示ポスターと、亀倉雄策、野田凪など著名なアートディレクターの作品を揃えた二人展も既刊中に開催。

ミュージアム コレクションⅡ 雑誌にみるカットの世界
2023年8月5日(土)―11月19日(日)
世田谷美術館

(東京・用賀)
『世界』(岩波書店)と『暮しの手帖』(暮しの手帖社)のカットを展示。『世界』の挿絵はこれまでに全く見たことがないので観てみたい。『暮しの手帖』は言うまでもなく。

描くバスケ展
2023年8月22日(火)―9月2日(土)

ギャラリー山陽堂
(東京・表参道)
バスケットボール好きのイラストレーター・デザイナー8名が描くバスケットボールにちなんだ展示。竹内巧さんほかが参加。

北野有個展「サンデー・モーニング」
2023年8月29日(火)―9月3日(日)

gallery DAZZLE
(東京・外苑前)
大阪在住のイラストレーターの初個展。絵としてのヌケ、色味の良さ……これからどうなっていくか楽しみ。

石内都 初めての東京は銀座だった
2023年8月29日(火)―10月15日(日)

資生堂ギャラリー
(東京・銀座)
『ウェブ花椿』の連載「銀座バラード」からの展示。石内都による銀座の記憶。

しなもん[下山ワタル]一日展「ひととき」
2023年9月3日(日)
POSTO
(東京・仙川)
毎月第一日曜日に開くイベント。『のはらうた』から数点を展示。

土方久功と柚木沙弥郎 ⎯ 熱き体験と創作の愉しみ
2023年9月9日(土)―11月5日(日)

世田谷美術館
(東京・用賀)
南国で制作を続けた土方久功と、民芸に触れ染色の道を極めた柚木沙弥郎。それぞれの多彩な活動を紹介。

宇川直宏展 FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE
2023年9月10日(日)―11月5日(日)

練馬区立美術館
(東京・中村橋)
ライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」13年の歩みを紹介するとともに、その映像を素材として絵画・立体作品などに展開。→ART AGENDA

250 FONT harmonize K-POP Kiiiiiii Lamp Spotify THE BOOM Twitter あかね書房 あきやまただし いちよんご おんどく しなもん みんなともだちカロム カワダクニコ ケロポンズ ハッピーオウル社 ビートルズ リットーミュージック 三木鶏郎 上田三根子 下平晃道 世界文化社 中川ひろたか 中村一義 佐藤剛 保育社 北村範史 図鑑 坂本龍一 多田玲子 室井滋 小久保美由紀 小沢健二 志水則友 怪物 教育画劇 新しい地図 朝本浩文 林立夫 横尾忠則 生活クラブ 矢野顕子 秋永悠 筒美京平 美空ひばり 藤井風 藤本ともひこ 谷川俊太郎 金の星社 鈴木出版 長谷川義史 黒沢健一