下山ワタル|ピーグラフ

世田谷文学館「宮沢和史の世界」


AD/D=下山ワタル
PH=中川正子
ED=杉山 敦
CL=世田谷文学館

2006.9


世田谷文学館 秋の企画展 宮沢和史の世界
2006年9月30日(土)〜11月26日(日) 世田谷文学館

ミュージシャン宮沢和史の活動を文学的側面から改めて捉え直す、大規模な回顧展。フライヤー、ポスターのほか、チケット、招待状、展示会場で配布される20点以上に及ぶリーフレット等のデザインを担当。長年の盟友である編集の杉山さんとともに、企画から参加した。

以下は、展示概要より。
《詩集『夜ふかしの凡人』『未完詩』ほかの発表、ポエトリー・リーディング、敬愛する詩人の作品に言及して「詞から詩へ」の新聞連載など、積極的な文学活動によっても多くの読者の支持を得ています。また宮沢は、学生時代から親しんできた世田谷を舞台にした楽曲を作り、エッセイでも言及するなど、現代の世田谷を描いている作家のひとりです。 音楽家・宮沢和史は「歌をつくり、届けたい」という想いひとつで、日本のみならず世界各国への旅を続けています。一方で、この時代・この場所で何を語るのかを常に自己に問いかけながら、詞・詩を生み出すために言葉と対峙し続ける作家の姿もまた、宮沢和史その人です。現在のただ中に屹立する作家・宮沢和史が創り出す作品を受け取り、感じ、その中に自分の<言葉>を発見していくことは、今を生きる私たちにとって、何よりもリアルな<文学>であるはずです。 本展では、「旅する音楽家-宮沢和史」と「詞・詩人-宮沢和史」の視点からその活動の軌跡を追い、映像や自筆資料などの初公開資料とともに、これからも止まることなく走り続けるアーティスト、宮沢和史の作品世界に迫ります。》

⎯⎯ 世田谷文学館『宮沢和史の世界』ワークシート|杉山敦|note

 

250 FONT harmonize K-POP Kiiiiiii Lamp Spotify THE BOOM Twitter あかね書房 あきやまただし いちよんご おんどく しなもん みんなともだちカロム カワダクニコ ケロポンズ ハッピーオウル社 ビートルズ リットーミュージック 三木鶏郎 上田三根子 下平晃道 世界文化社 中川ひろたか 中村一義 佐藤剛 保育社 北村範史 図鑑 坂本龍一 多田玲子 室井滋 小久保美由紀 小沢健二 志水則友 怪物 教育画劇 新しい地図 朝本浩文 林立夫 横尾忠則 生活クラブ 矢野顕子 秋永悠 筒美京平 美空ひばり 藤井風 藤本ともひこ 谷川俊太郎 金の星社 鈴木出版 長谷川義史 黒沢健一