下山ワタル|ピーグラフ

UNIVERSE TICKET

いわゆるサバ番(サバイバルオーディション)は見ないと決めていたのに、昔箱推しだったハロプロメンバーに釣られて日プ女子(PRODUCE 101 JAPAN GIRLS)を見始めたのをきっかけに、ちょうど同時期に開催中という理由で、UNIVERSE TICKETを見るようになった。日プ女子とは対照的に、周辺では見ている人が異様に少ないのが残念。

韓国の放送局SBSが主催する女性アイドルグループオーディションで、最終的に選ばれた8人がグループとしてデビューすることが決まっている。SBS系列会社のFNCエンターテインメントが絡んでいる(日本人候補生のうち2人が同社のグループに属していた)との噂もあったが、調べてみたらSBSと、新興芸能事務所のF&Fエンターテインメントによる共同主催だった。「F&F」という、アメリカのMLBのライセンスを得て作った商品で成功した韓国のアパレルメーカーの系列子会社で、候補生たちがMLBのシンボルマークのスタジャンなどを着ていたのはこのためらしい(→ F&Fについて取り上げた中央日報の記事)。

かなり低年齢の候補生が多いのが特徴で(応募資格は10〜20歳の女性)、国籍も韓国をメインに、日本、カナダ、フィリピン、タイ、インドネシア、モンゴル etc…と幅広く集められている。ただし、レベルは総じて高い。ユニコンと呼ばれる審査員には、少女時代のヒョヨンやITZYのイェジ、チェリョンなど事務所の垣根を超えたアーティストが並び、三大放送局主催のオーディションとしてそれなりに力は入っている。
 

番組内では金髪の日本人候補生コトコが、開始当初から強く推されている。ダンス・歌とも未経験で拙い部分もありながら、審査員や候補生からの人気が高い。一人だけ金髪で目立っていて、明るく、ちょっとドジっ子で、感動してよく泣く。日々練習を欠かさず、課題のたびに上達していく(たぶん元からそこそこ上手い。特にダンス)。ひたむきなところ(手のひらに人の字を書いて飲み込むしぐさ、練習時に韓国語の発音を書いたノートを間近で見ながら歌う様子など)やちょっとした失敗なども、すべてポジティブな評価(=可愛い)につながっている。

審査員やオーディションのコンセプトとの相性も良かったに違いない。コトコより優秀な候補生も沢山いたが、その多くが十分な尺すら貰えず無言で去っていった。逆に日プ女子や大手のオーディションなら、早々にリタイアしていたかもしれなかった。彼女にとっても番組にとっても、ここを逃す手は絶対にないだろう。
 

今回のコトコや、日プ女子の桜庭遥花(ぱるたん)のような、いわゆる“成長枠”(無名で低いランクから、オーディション中に成長して人気を獲得するメンバー)の活躍を見て、改めて「アイドル」という職業の奥深さに気付かされる。「不完全」さという、プロフェッショナルとは対極の要素が、アイドルの世界では逆に大きな魅力となりうるのだ、と(むしろ、ダンスや歌はレッスンで、あとからいくらでも上達できる)。

今日1/17に最終選考メンバー8人が決まるそうだ。

UNIVERSE TICKET(Abema TV)
https://abema.tv/video/title/307-7

250 FONT harmonize K-POP Kiiiiiii Lamp Spotify THE BOOM Twitter あかね書房 あきやまただし いちよんご おんどく しなもん みんなともだちカロム カワダクニコ ケロポンズ ハッピーオウル社 ビートルズ リットーミュージック 三木鶏郎 上田三根子 下平晃道 世界文化社 中川ひろたか 中村一義 佐藤剛 保育社 北村範史 図鑑 坂本龍一 多田玲子 室井滋 小久保美由紀 小沢健二 志水則友 怪物 教育画劇 新しい地図 朝本浩文 林立夫 横尾忠則 生活クラブ 矢野顕子 秋永悠 筒美京平 美空ひばり 藤井風 藤本ともひこ 谷川俊太郎 金の星社 鈴木出版 長谷川義史 黒沢健一